ReBirthアドバイザー体験記

世界遺産・知床の入り口にある”東のパワースポツト”来運神社|斜里町

来運神社

斜里市街から車で15分。

いずみの森来運公園内すぐに、うっそうと茂る森に向かって第一鳥居があります。

ここは今、東のパワースポツトとして注目を集めている名所。来運神社です。

来運神社

この鳥居をくぐると第二鳥居があり

その辺から、何とも言えない静けさと雰囲気に包まれます。

来運神社

来運神社

来運神社

来運神社

注意書きされた橋を渡りかけると、とてもきれいな渓流に心ひかれます。

来運神社

この辺りから、さらにクリアな空気感に包まれ、体感気温が2度低くなった感じに
包まれます。

身が引き締められる感覚。

来運神社

そして、さらに整備されていない山道を登って行く道すがらは、この世に立った1人のような、異空間に包まれた雰囲気になり、

木々の木漏れ日からの光が優しさと期待感を

もたせてくれるのです。都会の中の神社とはまるで違う・・・

息切らせながら、かなりの急な山道を上り詰めてようやく辿り着いた社殿。
立て替えられたのでしょうか、わりと新しい感じではありますが、しーんと静まり
かえっている中で、なにやら力強い地のエネルギーを感じるのでした。

来運神社

そのエネルギーに導かれて訪れる方が多い、というお話しはうなずける気がします。

異世界感が満載、と表現したらわかりやすいでしょうか・・・

 
旅に出て、特別大きな神宮でなくても、その土地の神宮を訪ねると、その土地ならではの空気感、
というものを感じる事ができるものです。
その土地の人々の願いや心がそこにあるからなのかもしれません。それを肌で感じるのも
また1つ旅の醍醐味なのかもしれないな、と思った瞬間でした。

ちなみに、参道の入り口にはわき水が飲めるようになつており、
ここの水を飲むと、運が来て願い事が叶う、と言われています。

そして、秋・・10月中旬に訪れると

来運神社
 
アキアジ(鮭)の遡上を見る事ができます。写真では分かりづらいのですが、これは昨年の
10月15日に撮影したものです。
たくさんの鮭が遡上する様は圧巻。自然の醍醐味を感じる事ができ、さらにそこから、
またパワーを受け取る事ができるのでした。

道東の旅の中に是非、入れていただきたいスポツトです。

来運神社
斜里郡斜里町字来運117 いずみの森来運公園内

FullSizeRender[21]Author:ひがし北海道女子旅アドバイザー 金子 由美(食空間&フードコーディネーター、北海道フードマイスター、出汁ソムリエ、昆布大使)

コメントを残す

*