見る

【温古知新】古くて新しい、骨董と和雑貨のお店|弟子屈町

温故知新|弟子屈

JR川湯温泉駅のすぐ近くに、ステキな雰囲気の骨董品店があると聞き、訪ねてみました。
駅前へと続く道の途中に、お店の存在を知らせてくれる小さな看板がそっと置かれていて、それが入口のサインです。

温故知新|弟子屈

さあ、行ってみましょう!

営業は週に2日だけ!のお店

お店の入口近くには、古い大工道具から作られた温かな看板がかかっています。

温故知新|弟子屈

お店が開くのは、土曜日と日曜日の午後だけ。
不思議なことに、開店時間が少ないからこそ、遠くから通ってこられるお客様も多いんです。
空いている時間が少ないことをちょっぴり照れながら教えてくれるような可愛らしい看板が、オープンの目印。

温故知新|弟子屈

「温古知新」は、以前は倉庫として使われていた建物をステキにリノベーションして作られたお店です。
入口にも古びた道具がそっと置かれ、既にここで立ち止まってしまって中に進めない雰囲気もありましたが、ここは頑張って扉を開けました。

温故知新|弟子屈

外から想像していたとおり、お店の中にもたくさんの道具たちが所狭しと並べられています。
お店の中へは靴を脱いであがります。古道具好きのお友達のお家にお邪魔するような、そんな気持ちで上がらせていただきました。

それでは、お店の中をゆっくりご紹介しますね。

「ふだんづかい」の骨董品

お店のコンセプトは、「ふだんづかいの骨董」。
飾るのではなく日々の生活に生きるものを、と店主の池上忠昭さん、典古(のりこ)さんご夫妻がひとつひとつ吟味して選んだものばかり。

温故知新|弟子屈

小さなビンやお椀も、たくさん並んでいるとついつい、まとめて連れて帰りたくなりますね。

温故知新|弟子屈

温故知新|弟子屈

一目見ただけでは使い方がよく分からないビンや缶も、どんな使われ方をしていたんだろうと想像しながら眺めるうちに、いろいろなインスピレーションが湧いてきたりします。

温故知新|弟子屈

骨董品店といっても、あくまでも「ふだんづかいの骨董」ですから、高価な掛け軸や仏像などは置いていません。そのかわり、おばあちゃんの家にあったような懐かしいタンスや着物の生地、鉄のやかん、木の箱など、どこか温かみの感じられる道具たちが、新しい主との出会いを待っています。

温故知新|弟子屈

いつも使いたい、ステキな和雑貨も

お店に置いてあるのは、骨董品だけではありません。
「ふだんづかい」できる小さな和雑貨も、お店の人気商品。

温故知新|弟子屈

温故知新|弟子屈

マスキングテープやふきんって、可愛らしく使い勝手のいいものがあると嬉しいですよね。
ちょっとした贈り物にもオススメです。

温故知新|弟子屈

古い布で作られたような優しい風合いのバッグも、お気に入りを見つけて連れて帰りたい気持ちにさせられます。

温故知新|弟子屈

年に一度の骨董市

さて、取材にお邪魔したこの日は、年に一度の骨董市の日でした。
毎年7月の終わりごろに開かれる骨董市には、道内各地からやってきたお店の方が骨董品を並べていたり、美味しいお菓子やフード類の販売も行われていたりして、お祭りのように賑やかな雰囲気です。

温故知新|弟子屈

温故知新|弟子屈

温故知新|弟子屈

ステキな掘り出し物に出会えるかもしれませんから、ぜひお店のfacebookページでチェックして、足を運んでみてくださいね。

掘り出し物と言えば… お店の横に建っているこちらのログハウス風の建物は、骨董市に合わせて少しリメイクをしたそうですが、なんと売り物!

温故知新|弟子屈

売り物ですからもちろん売れたら無くなってしまうのですが、さりげなく売られている特大の商品に、思わず目が釘付けになった瞬間でした。

ちなみに、ログハウスの中はこんな感じ。

温故知新|弟子屈

置かれている道具や服も、もちろんすべて売り物です。
ログハウスの横にも、気になる道具がいっぱい置いてありましたよ。

温故知新|弟子屈

古くても新しくても、ステキな道具たちが日々の暮らしに寄り添ってくれると、気持ちがぱっと明るくなる気がします。
お気に入りの道具に出会えるかもしれない!そんなワクワクを胸に、ぜひ小さな骨董品店に足を運んでみてくださいね。

温故知新|弟子屈

骨董・和雑貨 温古知新
住  所:北海道川上郡弟子屈町川湯駅前2丁目6-12
電  話:015-483-3351 / 090-8903-0984
営業時間: 土・日曜日の12:00~17:00
定休日: 月~金
アクセス:JR川湯温泉駅より徒歩5分
Facebookページ https://www.facebook.com/温古知新-おんこちしん-555788531110281/

Author:木名瀬佐奈枝

コメントを残す

*