食べる

【森のホール】絶品スイーツの楽しめる、人気のカフェ|弟子屈町

森のホール

木枯らしの吹く季節になってきましたね。
食欲の秋は、暖かなお店でゆっくりお茶を飲みながら旧交を温めるのにもぴったりの季節。今日は、そんな大切なお友達とのひとときに訪れたい、絶品スイーツのカフェをご紹介します。

川湯温泉駅前の元気印!

丸太作りの川湯温泉駅は、昭和11年に建てられました。駅へと続く道沿いには、地域の方たちが大切に手入れされた街路樹が並び、温かな雰囲気にあふれています。

森のホール

そんな川湯温泉の駅前で、地域に元気を灯し続けているのが、今回ご紹介するカフェ「森のホール」です。

森のホール

お店の前身は、今の店舗から徒歩1分のところにあった「スイート・ドゥ・バラック」。フランス語で「長屋」を意味します。名前のとおり長屋をリフォームして建てられた絶品ケーキのお店でしたが、もっと多くの方が立ち寄れる空間に、そして川湯温泉駅前をもっと元気にと、この場所に建っていた古い民宿をステキにリノベーションして2011年にリニューアルオープンしました。

森のホール

お店に入ってすぐの場所に、ひっそりと、そしてしっかりと掲げられたこの挨拶は店主のももちゃんこと武山まき子さんが書いたもの。いつも元気で明るく、とってもパワフルな店主のももちゃん。そのチャーミングな笑顔のファンが、町内にもたくさんいるんですよ。
 
さてそれでは、そんな川湯温泉駅前のステキなお店の中をご紹介しましょう。

素材にこだわったケーキと焼き菓子

明るくて可愛らしいドアを開けると目に飛び込んでくるのが、種類豊富なケーキたち!

森のホール

たくさんの甘い誘惑に、どれにしよう・・・とドキドキしながらショーケースを眺めるひとときは至福の時間ですね。

森のホール

森のホールのケーキは、北海道産の小麦粉、隣町のポロニ養鶏場の土つき有精卵、フレッシュな生クリームなど、素材にこだわったオリジナルのケーキ。素材もさることながら、その素晴らしさを生かす確かな技巧が、美味しさの秘密です。

森のホール
 
ケーキの隣には、美味しそうな焼き菓子も並んでいます。

森のホール

取材に伺ったこの日は、朝一番にたくさんのケーキや焼き菓子が並んでいるところを写真に撮らせていただきましたが、早い日には午前中に売切れてしまうこともあるとのこと。心配な方は電話で予約されるのがおすすめですよ。

カフェでくつろぐ甘いひととき

さて、そんな森のホールのケーキたち、もちろん店頭で購入して持ち帰ることも出来ますが、店内で食べることも出来るんです。

森のホール

カフェスペースは高い天井で広々とした空間。テーブルごとに趣の違うしつらえになっていて、どの場所に座ろうかと迷うのも楽しみのひとつ。

森のホール

お店のシステムはセルフサービス。カウンターまで行ってメニューを注文すると、席まで運んでサーブしてくれます。

森のホール

森のホール

ピザやサンドイッチ、月替わりの「森どんぶり」や「森ごはん」などランチメニューもとても美味しいのですが、取材に伺った日はケーキをいただきました。

こちらは単品のケーキで、作ったそばから売り切れてしまうという「マンゴータルト」。

森のホール

弟子屈の温泉熱を利用して栽培されている、町内産のマンゴーをたっぷり使った贅沢な逸品。とろけるようなバニラのクリームと、さくさくしたタルト生地が、香り高いマンゴーの美味しさを引き立てています。

こちらは、「おやつフレンチトースト」。

森のホール

アイスクリームとメープルシロップをたっぷりかけて、フルーツと一緒に頂きます。美味しいマフィンを一晩じっくりと漬け込んで、オーブンで焼き上げたフレンチトーストは、お店ならではの味わい。とろっとした部分と、しっかり生地が感じられる底のカリカリした部分、どちらも嬉しくいただきました。

美味しいケーキを少しずつ味わいたいという方にオススメなのは、「あそーと」。小さめにカットされた3種のおまかせケーキとアイスクリーム、飲み物がセットになっていて、運ばれてきた時に歓声をあげるような嬉しい一皿です。

森のホール

雑貨や野菜の販売も

さて、美味しいケーキや焼き菓子のことばかり書きましたが、森のホールでは可愛らしい雑貨や野菜も販売しています。

森のホール

可愛らしい雑貨たちは、店主のももちゃんのお眼鏡にかなったものばかり。可愛いだけじゃなく、使いやすくて、プレゼントにも最適です。

森のホール

また、お店の入り口には小さな八百屋コーナーも。

森のホール

地元の農家さんや、森のホールのメニューにも使われている美幌町の「うれしぱ農園」の有機野菜などが、季節になるとたくさん並ぶんですよ。…取材に伺ったこの日は、晩秋の朝一番ということで、並んでいる野菜たちは少しだけでしたが、新鮮なトマトやキャベツがずらりと並んでいる日にお邪魔できたなら、ぜひ家に連れて帰りたかったところです。

元気のない時、嬉しいことがあった時、久しぶりにお友達とお喋りしたい時、一人でゆっくりお茶を飲みたい時、どんな時もそっと心に寄り添い、元気を届けてくれる美味しいスイーツのお店。皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね。

森のホール
住  所:北海道川上郡弟子屈町川湯駅前2丁目
電  話:015-483-2906
営業時間:9:30~18:00(冬季は17時まで)
   ※森ごはんは、11:00~16:00
定 休 日:火曜、第2と第4の月曜定休
  アクセス:JR川湯温泉駅より徒歩1分
※お店では音楽LIVEや季節のイベントなど、さまざまな企画も随時行っています。気になる方はfacebookのページをチェック!

Author:木名瀬佐奈枝

コメントを残す

*