食べる

【ラ・レトリなかしべつ】新鮮で良質な生乳の味を堪能!中標津町

ラ・レトリ中標津

色々なところで地元産のミルクを使ったおいしいスイーツに出会えるのが、酪農の盛んな道東の魅力の一つですよね。

今回は、思わずほっぺたが落ちそうになる、中標津の新鮮な生乳を使ったスイーツのお店をご紹介します。

空港からわずか1分で頂ける北海道スイーツ

ラ・レトリなかしべつ
中標津空港から、車で1分ほど市街地のほうへ走ると右手に見えてくる、特徴的な赤い三角屋根の建物がラ・レトリなかしべつです。「ラ・レトリ」にはフランス語で、「乳製品を作る工場・お店」という意味があるのだそう。天井が高く開放感のあるレトリホールでは、大きな窓から外の緑を眺めつつ、自家製のスイーツや軽食を頂くことができます。

ラ・レトリなかしべつ
(空港から来ると、右手側にお店が見えてきます)

ラ・レトリなかしべつ

ラ・レトリなかしべつ
(お店には中標津の生乳を使った乳製品を作る工場が併設されています)

人気のソフトクリームとイタリアンジェラート

今回は、一番人気があるというソフトクリームとイタリアンジェラートを頂きました。

ラ・レトリなかしべつ

ミルク味のソフトクリームは、3月下旬ころから10月いっぱいまでの期間限定の商品。
さらっとして軽いのですが、食べるとミルクの濃厚な味が口いっぱいに広がります。

ラ・レトリなかしべつ

自社の「のむヨーグルト」を使ったヨーグルトソフトに果物とラズベリーソースをトッピングしたヨーゴリーノ(GW~9月末頃まで)。さわやかな甘さがクセになりそう♪

イタリアンジェラートは人気のイチゴと、ちょっと珍しいキウイを注文しました。

ラ・レトリなかしべつ

イチゴは素朴な甘さが優しく、キウイは小さくカットされたものが混ぜ込んであって、酸味で全体がすっきりとした味わいに。

ふきのとうなど、季節限定の味も並ぶことがありますので、北海道らしいものにチャレンジしてみるのも、旅の楽しい思い出になりそうです。

北海道を感じられる軽食も

今回は頂きませんでしたが、“いもだんご”や“かぼちゃだんご”など“ザ・北海道”な軽食メニューも目をひきました。お店の方によると、地元で取れた無農薬の野菜や添加物の少ないソーセージを使い、調理にも道産の米油を使用するなど、こだわられているそうです。甘いものだけではなく、地元の味も味わえるのは、お得感がありますね♪

laiterie- (7)

おみやげや、自分へのご褒美にも

併設の工場で作られている乳製品は、その場からの発送やネットでの注文にも対応していてリピーターも多いそうです。

ラ・レトリなかしべつ

「北のハイグレード食品」に選ばれたのむヨーグルトや、安定剤や乳化剤を使用していないアイスクリーム、オールジャパンナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞したチーズなど、お土産やお遣い物にすると喜ばれそうですし、自分へのプレゼントにしてもうれしいですよね。

ラ・レトリなかしべつ
(スイーツのことから発送まで、どのような質問にも丁寧に答えてくださった店員さんたち。ご親切に甘えて、最後に写真まで撮らせていただいてしまいました♪)

ラ・レトリ中標津
〒086-1145 北海道標津郡中標津町北中9番17
TEL:0153-72-0777 
FAX:0153-72-0966
営業時間:10:00~17:00 
定休日:毎週火曜日
HP: http://www.laiterie.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/laiterie1992
アクセス:中標津空港より車で1分(約1.2Km)
中標津中心街より車で3分(約2.8Km)
標津町より約20km、車で20分

Author:斉藤響子

コメントを残す

*