ReBirthアドバイザー体験記

【美幌町】喫茶室『豆灯』|レトロ感とトレンドが融合した異空間喫茶/アドバイザー体験記 

豆灯|美幌

網走郡美幌町の住宅街に現れる古民家。一瞬見逃してしまいそうにひっそりとした佇まい。

しかし、入り口のドアを開けたとたんコーヒーの香りに包まれた、そこは懐かしくもあり・・・そして、何かとても新しいような不思議な感覚にとらわれる異空間喫茶だった。

豆灯|美幌
(小さな看板がひっそり感を漂わせているカフェの外観)

子供の時に見たような・・いや・・懐かしい日本の映画で見たような・・・そんな一軒屋
のカフェ。扉を開ける前から、気持ちがドンドンこの建物に引き込まれていく。

豆灯|美幌

扉を開けると、小学校で使用していたような下駄箱。なんだかいろいろな思いがよみがえる。そして、靴を脱いで店内に上がれるのは、旅人の私たちにとって、とてもくつろげる証だ。足の指をくーつと広げられる開放感が心も解放させてくれる。

豆灯|美幌

豆灯|美幌

店内はレトロな雰囲気に包まれていた。

建物が持っていた梁や欄間、板の間が
生かされ優しい空気が立ちこめる。

誰もが、いつもの日常を忘れ一時の異空時間をそっと楽しんでいる。

 
良く考えられた空間演出に、オーナー夫婦のセンスの良さとこだわりが伝わってくる。
カフェとは、やはり空間がとても大事だ。

しかし、もちろんコーヒーの味だってたいしたものです。

豆灯|美幌
(自家焙煎の機械が店内でこだわりを主張させていた)

豆灯|美幌
(私はグアテマラをいただいた)

丁寧に淹れられたコーヒーはとても香りが良い。すっーと心の中にしみ込んでいく。
そして、カッブが良い。 お水のグラスも選び抜かれている。

店のコンセプトにきちんと合わせられたこのカップやグラス。
ここまで手を抜かないでいるセンス。すばらしいの一言。

豆灯|美幌

また、コーヒーのお供に是非注文して頂きたいのが、このプリン。
しっかりとしたコク。しっかりとした甘さ。どこか懐かしい豊かな味。

あー、もう一度食べたいなー。
このプリンとコーヒーを求めて、もう一度 道東の旅に出かけようかな。

心が豊かになるカフェってどんなに遠くても人を惹き付けるものなんだなー。

喫茶室 豆灯(とうとう)
網走郡美幌町仲町2丁目80-1 0152-72-5675
11時30分〜19時  木曜・第三水曜 定休日

FullSizeRender[21]Author:ひがし北海道女子旅アドバイザー 金子 由美(食空間&フードコーディネーター、北海道フードマイスター、出汁ソムリエ、昆布大使)

コメントを残す

*