食べる

【農家レストランcafé Beco】放牧風景を眺めながらゆったりタイム♪|中標津町

中標津|Cafe Beco

牧場、といえば北海道。
ホルスタイン柄が大好きな私としては、牛を見ながらのんびり過ごしたい。

でも実は、牛を飽きるほど眺められる場所というのは、案外少ないものです。
ということで、知る人ぞ知る、私のとっておき「牛カフェ」、ご紹介いたします。

牛カフェ=café Beco

北海道のいちばん東、日本で一番酪農が盛んな“根釧台地”の中心地、中標津市街地から国道272号線を釧路方面へ向かって車で約20分。

牧場地帯が広がる中そこに佐藤牧場の看板が見えたら、その右奥にある緑色の建物。

そこが【Café Beco】。名前の通りの“ベコ=牛カフェ”です。わかりやすい名前です♪

中標津|Cafe Beco

真っ赤なドアを開けたらそこは温もり感じる空間。大きな窓の向こう側には放牧された牛を見ることができます♪

中標津|Cafe Beco

中標津|Cafe Beco

かわいい牛たちを見ながら、まったり。

café Becoのおいしいもの

中標津|Cafe Beco

おすすめは毎朝焼く約10種類の手作りパン。毎日品ぞろえが変わります。
特に人気なのは「フルーツとホワイトチョコのパン」と「塩パン」とのことでした。

もちもち食感で地元で大人気♪午後には売り切れるので、パン目当てなら、お早めに。

そして、スイーツ。乳牛を見ながらおいしい乳製品♪

中標津|cafe Beco

まずは人気が高いのが「シフォンケーキ」。トッピングはソフトクリームか生クリームをチョイスという心遣いも嬉しいですね。

中標津|cafe Beco

中標津|cafe Beco

で、今回私が頂いたのは、こちら。Becoパフェ。
カップからはみ出るフルーツたち、その下にはカップに書いている「250ml」が決して嘘ではないと実感するほどにアイス&ソフトがたっぷり。

中標津|cafe Beco

そして、パフェで冷えたお腹を温めるべく頼んだカフェオレが、こちら。
都会のおしゃれカフェのそれとは一線を画す、ミルクたっぷり、愛情たっぷりサイズ♪

農家に嫁いだ店主は関西出身。その後、店主のお母さんも中標津町に移住し、現在は2人で切り盛りしているとのこと。

どうりで関西のおばちゃん的愛情たっぷりボリューム感なわけだ、と納得。

その他、こちらもボリュームたっぷりな日替わりランチ、種類豊富な定食もおすすめですよ。

中標津|cafe Beco

中標津|cafe Beco

ウッディーで落ち着く店内でまったりするのもよし、

天気が良ければ、牧場目の前のテラス席で、牧場の香りを楽しむもよし。

中標津|cafe Beco

café Beco
住所:〒086-1133 北海道 標津郡中標津町豊岡1221-2(株)佐藤牧場内
定休日:月曜日。営業時間は8時~18時(冬季は16時30分)
駐車場:あり アクセス:中標津空港から車で30分
マップコード:429 472 597*11
Facebookページ URL:https://www.facebook.com/CafeBeko/
※記事公開時点(2016年8月)の内容となります

Author:中標津町地域おこし協力隊 小池 瞳

コメントを残す

*